俺が呼んでいたのか?

俺が呼んでいたのか?キミが呼んでくれたのか?

初めての出会いから早13年⁈

キミが卒業した翌々日から、今のカラダになって2024年も無事迎えられた。

キミに特別何かを教えた訳じゃないし、

キミにアドバイスや提案もした訳じゃない。

あっという間に世間で言う「安定」「安泰」「安心」の職業を捨てた人。

病院のベッドの上で退職、整体を仕事にすると聞いた。

「待てよ、そんなに慌てなくても、

待てよ。よーく考えて」と動かないカラダで心配した。

あれから今日まで、

色々な時間を共有して、色んな話を聞かせて貰って、キミはいつも俺に社会の風を届けてくれている。

俺のその時の年齢より多方面での経験も豊かで、益々面白い人間になった。

これからはキミに付いていくしかないと思う(苦笑)。

願いを描くと繋がるんだよ。暁光

俺が呼んでいたのか?