IMG_3102

重い荷物を開いて見たり・・・「ポンコツの美学」

東京から「もんじゃ焼き」マスターがやって来た!

 

毎回新作を披露してくれたり、Deep東京を語ってくれる。

 

準備からフィニッシュに至るまで、

躍るような手際と流れにお腹もハートも大大感動する。

 

人の喜ぶ姿・幸せそうな姿・笑顔が「もんじゃ焼き」マスターは解っている。

 

彼の本業「整体師」、彼の毎日の現場もこんな感じなんだろうな。

 

さてさて今回は、あいにくの空模様で、

いつもと少し違った時間を皆で過ごせたような気がしています。

 

リハビリ中の僕の身体を想い、

あの手この手と攻めながら(笑)、会いに来てくれる友たちに、

気付かせて貰い、元気を頂く。

 

 

人生折り返し地点を過ぎる頃から、

若い頃には想像すらしなかった「宿題」が、突然降りかかってくることがある。

 

仕事は仕事で脂が乗ってきて、やりがい、やる気、頼られがいも上昇・・・・、

 

・・・・・・・でも、人生ってやつは中々深い!難儀である!

 

昨日までのあたり前が突然消えたり、崩れたりするもの・・・・。

 

 

なんだ坂・こんな坂・・・・まさか?!のアレ!!だ。

 

 

重い荷物を突然背負わされた時、

人は切なく、悲しく、苦しい。。。。

 

荷物を解き周りの人に少しだけ見せられたり、

重さを吐き出してみたり、そんな時間があったら素敵だね。

 

それは「絆」になり、先の「灯り」にもなる。

 

・・・・・・・私自身がそうだった様に。

 

傷みも苦悩も、病みも挫折も重い重い荷物・・・。

 

その荷物にあちらこちらで悲鳴を上げる自分の身体・脳みそ、

 

ポンコツ状態になる。

 

 

そんな時に、今回のような時間・仲間に包まれたなら、

ポンコツは蘇る!

正気を取り戻して元気になれる!

 

ポンコツになるまで頑張った時間、

ポンコツになって見えた「未来」も、また「灯り」なのだ!!

 

灯りの先まで行けるポンコツになろう!

 

『ポンコツの美学』。。。。それは、

一生懸命頑張った形で、自分を過信し過ぎた結果なのだ。

 

ポンコツは「ポンコツ」なりに、

美学を大いに語り合い、磨き合おう。。。。。。暁光