CIMG1665

私、呼び捨て致しません!!

こんにちは、フミユセラピストアカデミー代表の暁光です。

 

ふと「今」気付いたことを、ブログに書きます。

 

「そう言えば俺、自分の弟子にも年下の友達にも、

呼び捨てにしてないなぁ~。何でだろう・・・?」

 

答えは、未だはっきり見つかりませんが・・・・・、

先ずは我が整体業界、お互いにお互いを結構いい仲なのに、

「○○先生」「△△先生」と呼び合ってる光景が、

私には非常に違和感があります。

 

病院のドクター同士か学校の先生同士なら、まだ分かるのですが、

我々風情が飲み屋でも遊び場でも、「先生、先生」と呼び合って、

周りのサラリーマンたちからしたら、

「どこの先生だろうね?」って思う訳で、

私は業界仲間を正式に1対マスで紹介する時以外は、

○○先生とは、絶対に呼びません。

 

○○さん、○○ちゃん、○○くん、etc・・・でしょうか?

 

合わさって冒頭のように、

仲間にも先生呼ばわりしないわけで、

何故か誰にも呼び捨てで呼んでないのです。

(現在全く付き合いのない、故郷の同級生達くらいは別だけど・・・)

 

多分これは、私の人に対する見方・接し方の特徴?なのだ!と最近気付いた。

 

多くの人は、

その人を取り巻く「環境」「地位」「名誉」「経済」など含めて、

評価したり付き合ったりするであろうが、

わたしの人付き合いセンサーには、なっていない。

 

その人に何人子供がいようが、お金があろうが無かろうが、

その人自身に魅力があったり、伸び代が見えたり、

興味があれば、その他諸々のことは全く気にならないのである。

 

そして、

年齢も職業も性別も飛び越えた付き合いが生まれて、

育って行くのだなぁ~と。

 

 

お付き合いが続いている人には、

常に「リスペクト」「共感」がある。

だから、98%年下と付き合っているけど、呼び捨てはしない。

 

今後も腹わたが煮えくりかえるようなコトがなければ、

呼び捨てはしない。

 

時々「呼び捨てで呼んで下さい!」などのオファーもありますが、

以上の理由で・・・・・・・・・、

 

『私、呼び捨て致しません!!』                    暁光