ビーチ

涙の唐揚げ

日本人で『鳥の唐揚げ』が、ちょっと苦手なんです!

・・・・・って人は、滅多にいないでしょう。

 

バリバリダイエット中の方や、

超腹筋の割れているアスリートたちも、

・・・・・あのジューシーな「ももの唐揚げ」は、

制限なく食べたいはずである!!

 

 

そんなワケで、今日はちょっと変わった我が家の

唐揚げを紹介してみようと思います。

 

 

題して『涙の唐揚げ』・・・・・・です。

 

 

名前の通りホント食べた後に全員、微笑みながら泣きます。

 

もちろんボクも泣きました。

 

 

なぜ?泣けるかって?!

 

 

それは、正反対の2つの「思い」が、

喉を通った後にやって来るからです。。。交差するんです。

 

その2つとは、

 

①「なんじゃこれ?!」

という新しさ、今まで味わったことのないテイスト。

 

②「どこかノスタルジックで、安堵する」

(でも 決して、おふくろの味とは違う・・・)

 

 

 

さあ、では!泣ける唐揚げのレシピを紹介したいところですが、

 

・・・・・・・・・・・それは秘密!ということに。

 

 

だったら書くな!と、お怒りの方もいらっしゃると思います。

 

あなたがそう思ってくれた時点で、

 

ボクの勝ちです・・・・・ムヒヒ・・・ムフフ・・・。

 

知り合いの知り合いが横浜中華街で修行した中華の達人で、

その人がコッソリ教えてくれたレシピなんです。

 

 

・・・・・ということで、

 

今、ボクはこの『涙の唐揚げ』に 凝っています。