CIMG1299

死ぬのは・・・まだ怖かった!

面目ないですが、、、、、

この度、風邪をこじらせ「肺炎」になり緊急入院しました。

現在は、自宅でおとなしく過ごしております。

 

それにしてもタンとセキが酷く、

最後は呼吸が困難になり、死ぬかと思いました。

 

水槽の上の方で、口をパクパクさせて、ふわふわしている

金魚の気持ちが痛いほど分かりました。

 

息が出来ない!ってのは、トラウマになりそうな恐怖でした。

 

なぜ?あんなに恐怖を感じたのか?

 

今思えば首の骨を折ったあの時の大事故は、

意識もなくドクターヘリで病院へでしたから、

痛くも痒くもなかった。

 

今回は、その何百倍も苦しく恐怖でした。

 

死を連想しました。

 

あたり前のことだけど、『死』を感じると恐怖です。

 

 

あっ!

 

50歳過ぎてから

 

「俺は、いつ死んでもいいや。」

 

「やりたいことも、ほとんどやった!」

 

「大体が上手くいった!」

 

「ざまぁ~みろ!」

 

「ウフフ・・・・」

 

ぐらいのことを言ってた。。。ノニ・・ノニ・・ノニ。

 

今回は、だらしなかった・・・。

 

病院の救急外来に運ばれた時に、

先生や看護師さんたちが出てきてくれて、

ストレッチャーに乗っかった時、

「あ~俺、助かった~!!」って、もの凄く安心した。

 

大大大大大嫌いな病院に来て、もの凄く安心した。

 

これも全て俺の脳が「死の恐怖」を感じたからだろう。

 

 

つまり、

 

わしゃ、死ぬのが怖かったんだねぇ~。

 

 

まだ死にたくなかったんだねぇ~~~(笑)。

 

という訳で入院中三日間の絶食というラマダンを過ごし、

腸のお掃除も済み、点滴というジュースも入り元気です。

 

安心と安全で包まれた日常の中で、突発的な出来事が起きた時、

 

不安と恐怖とは?

 

死と生とは?

 

人の身体は何を感じ、人の脳はどう思考するのか?

 

いつもイイ事もワルイ事も、表裏一体である!

・・・・と今更ながら身を持って学んだ次第です。

 

季節の変わり目は、身体変わり目、ご自愛ください。

 

暁光