D2DD095F-9642-4771-8E50-AE7B7644925C

ハルマツ海辺の合宿

季節に四季があるように、人生にも季節があるように感じています。

寒い冬は、暖かい春を待つ時間の中で、暖かい春は燃えるような太陽を待つ時間、解放感とエネルギッシュな夏は追い風を受けているように過ぎる。夕暮れに肌寒さを感じる頃には、あっという間に黄昏色の秋。冬の蓄えをしながら秋を過ごす。そしてまた冬、、、。

毎日同じ様に過ごしている時間の中もこんな繰り返しなのである。

仕事に夢を抱き、目標を掲げ走る。

走っている自分に意気揚々と気分も高揚している。たとえ失敗があったとしても又動き出す。反省ともしくじりとも違う新しい「繰り返し」「循環」がある。

生まれる時も、この世を去る時も、自分では決められない。

決まっているのかもしれないが、知らない方がいいことなんだろう。

今の自分は人生のどこの季節にいるんだろうか?

今の季節が次の季節に変わるのは?

明日かもしれない、今日かもしれない、今かも知れない。

どうせ知り得ない事なら、自分の人生の季節を操ってみてはどうだろう?

何もかもうまくいかない今であるなら、少しだけ先の季節に灯を灯そう。

会えない人や行けない場所を想いながら、季節の蓄えと先取りを。

風のない日に外に出れば、日差しも空も木々も春いっぱいです。

今日も弟子君たちが私のリハビリに来てくれました。

愛情いっぱいの整体を受けながら、カラダ全身が喜んでいました。

今週末は、また海辺の合宿です。

コロナ禍で少人数ですが、ご贔屓さんと過ごします。  暁光