CIMG7167

スターバックスで、生姜焼き定食?!

今のあなたの望みは何ですか?・・・・・と、

もし問われたら私は、こう答えます。

それは、

「スタバでキャラメルマキアートを、

オシャレ気取りで飲んでる人のすぐ横で、豚肉の生姜焼き定食を食べること。」

・・・・・と、迷わず言います。

それが私の初夢に最も近レアな夢だったのです。

いや、夢というより実際にこの場面を夢で体験しちゃったんだよね。(笑)

 

パソコンたたいてスタバにいる人に、

豚肉の生姜焼きのタレの匂いプンプン漂わせて、

ニンマリする夢を見てしまったんだよね。

何か爽快な気分になった。

この爽快さは、何故なんだろう?なんだろうねソレって。

 

自分の感性から言わせて貰えば、

これっぽっちもオシャレでも、特別空間でもないあの店で、

気取っている残念!な人景色。

はたまた、地方に新たに出来ると行列が出来てしまう・・・、

田舎もんが行列する・・・。

オリジナルグッズや福袋の買い占め騒ぎ、

これスタバ教に完全コントロールされちゃってる。

 

お店やブランドに、

マーケティングコントロールされる人たちの滑稽さ、

その社会現象にひねくれ者の血が騒ぐ。

 

そして、

正反対の昭和の喫茶店の代表作でもある「豚肉の生姜焼き定食」を、

夢にまで持ち出してきてしまった。

 

ああ、昭和の喫茶店は良かったなぁ~。

 

カウンターに座る常連さん。

様々な人間模様、各店ごとのカラーがあって情報の宝庫だった。

 

私の知り合い(女性)は学生の頃、喫茶店でバイトしてた時に、

お客さん同士の話を小耳に挟み、

「そうかぁ~、これからの時代は宅建かぁ~・・・」と、

一念発起で勉強し、今は大きな大きな不動産屋の社長さんである。

 

まさに、インターネットのアナログ玉手箱。

 

常連さん同士で野球のチームが出来たり、

スキーやスノボツアーがあったり、その店で出会った人が結婚したり、

奥のボックスにこっそり不倫のカップルがいたり、

二代目のボンクラ社長が一日インベーダーゲームやってたり、

年上が年下に奢ってくれたり、

そんな素敵な人間模様・社会模様が、今のカフェにあるか?

 

 

ダメだね!ダメ!ダメ!スタバはダメ!

 

スタバが大好きな人、それはそれでアンタの勝手。

でもボクのように嫌いな人も、いっぱいいるんだよ。

 

あ~何だかスタバのことは、もうどうでもいいや。

 

それより、

生姜とニンニク、

しょうゆとみりんの程よいバランスのタレがかかった、

鉄板の上で出てくる「豚肉の生姜焼き定食」食いたくなってきた。

きっと、あなたもそうだと思う。       暁光